デザイン制作の依頼はこちら☆ click!! >

よくある質問

お問い合わせでよく聞かれる質問をまとめましたので、ご利用の前にご確認ください。

 

商用利用をすることは可能ですか?

当サイトでは、商用利用の範囲を以下のように定義しています。

 【OK】

  • 商品やサービスを販売するサイトやブログで、補助的な役割としてイラストを利用すること(例:ブログやSNSのアイキャッチ画像として使う)
  • 本やその他メディアコンテンツの補助的な挿絵として利用する
  • 各種資料の挿絵として、イラストを利用すること(例:学校や社内の資料や、セミナーテキストの理解を深めるためにイラストを使う)

 【NG】

  • イラストそのものをメインコンテンツとして販売すること(例:イラストをプリントし、自作のハンドメイド作品として販売する)
  • 素材自体を転売したり、再配布して利益を得る行為

イラストを使ったチラシやパンフレットを配布することは可能ですか?

利用可能です。

配布枚数にも制限なくご使用いただけます。

SNSやブログのアイコンとして利用できますか?

利用可能です。

ただし、誹謗中傷を目的としたアカウントや愚痴アカウントでのご利用はできませんのでご注意ください。

会社のロゴマークやキャラクターや看板として利用できますか?

利用可能です。

ただし、商標登録などをして独自の権利を主張することはできませんのでご注意ください。

高解像度データが必要な場合は有償で作成させていただきますので、お問い合わせからご連絡ください。

どんなイラストであればリクエストに応えてもらえるのでしょうか?

他の利用される方にも需要がありそうなものであれば、なるべく応えるようにしています。

まずはリクエストしてみてください☆

ココナラでのオーダーも可能ですので、是非ご利用ください。

▼ オーダーはこちらから ▼

ココナラでオーダーしてみる

JPG・PNG・GIF・AIなどの画像やデータファイル形式の違いはなんですか?

JPEG(画像)とは?

多くの方はJPEGをご存知だと思いますが、パワーポイントやワードやエクセルなどで、よく利用する一般的な画像形式になります。

例えば、年賀状で素材をダウンロードするときに画像の形式とか良く分からないからJPEGをダウンロードする方が多いと思います。

JPEGのデメリットとしては、保存するたびに画質が劣化してしまうので、加工を繰り返す可能性があるならJPEGはおすすめできません。

例えば、画像を修正 ⇒ 保存を繰り返すと画質が劣化してぼやけていて粗い画像になってしまいます。

PNG(画像)とは?

上記で解説したように、画像を修正 ⇒ 保存を繰り返しても画像が劣化しない形式がPNGになります。

その他に最大の理由として、背景が透明にできる画像形式なので、デザインをする上で最も重要な項目です。

例えば、背景が透明なPNG画像をダウンロードすると、写真やイラストに対して背景が全くない一部の素材として使用できます。

※ちなみに先ほどご説明したJPEGは背景が透明にできないです。

PNGを利用することで背景が透明な状態で利用することが可能なので、デザインをする上で利用しやすいです。

GIF(簡易動画)とは?

複数の画像を重ね合わせて、例えばパラパラ動画のような仕組みでアニメーション処理された画像のことを言います。

動いているイラストとして表現された素材になりますが、YouTubeや通常の動画と比べるとクオリティは全然違います。

AIまたはEPSとは?

こちらは、Adobe Illustratorのソフトで利用できる形式です。

画像の編集や印刷会社への入稿時によく使われます。

PSDとは?

こちらは、Adobe Photoshopのソフトで利用できる形式です。

写真の加工などによく使われます。

Wordとは?

Microsoft Wordで利用できる形式です。

更新されたら教えていただく方法はありますか?

新着のイラスト情報はツイッターで随時更新してますのでフォローをお願いします。

 

ツイッターアカウントはこちら
↓↓↓
スリースターデザイン@threestardesign